27

ALWAYS the way to go your way

ヒトマトメ2

古いログの追加完了。

どうやらブログの形式をはじめたのは、2008年がはじまりのようだ。

つらつらとよく書いている。

 

2009年頃に書いたブログを見て、「変わらねぇな」と思った。

 

勤労感謝の日の前の日は、Zeppにライブへ、

その後、仲間の結婚祝の2次会に参加できた。

ライブで2次会だけの参加になり、申し訳なく思っている。

※1次会に参加できなかったがために、わざわざ開催してもらったような気がして、さらに恐縮する。

 

Zeppのライブは、スタンディング、通算2回目である。

どのくらいの収容人数か確認せずにいったが、1番~700番、700番以降と分かれており、自分のチケットには195と記載,,, 意外と早くて驚いた。

前から3メートルくらいのところで聞けた。ど真ん中。

仕事では仕事で呑みにいったり、焼き鳥を平らげたり、息抜きをしているが、趣味というプライベートでの息抜きがあってよかった。

5年前にはなかったものだ。成長はしている、確実に。

 

とはいえ、午前中は有休であろうと、火曜日に遣り残した仕事を16:00頃までやっていた。「息をするように仕事をする」とかつての上司のひとりが言っていたが、まさにそれをやりつつある。どうなんだろうか。

 

結婚祝2次会に際し、「10名で店を探してくれ」これがまた別のかつての上司からの指令だった。あと10分せずにつくから、探して、って、おぉ。

あまりやってこなかった仕事だな、と思いながら、インターネット検索。

新橋と一重にいっても、「銀座」が結果のなかに紛れてくるあたり、まだ検索精度は高められるのではないか、と思ったり…10分しかないのにそんなことを考えていた。

「ついた」という電話だろう、電話が鳴り、少し焦ったところで目の前に数名いるお兄さんたちのなかで、誠実そうなお兄さんに声をかけた。

社会人、になってから知らない人に声をかけることは皆無となったが、かつてはお客様に話しかけていた人間である。まず、できる。ただ社会人になってから、求められなかったのでやってこなかっただけで、と言い訳をしておこう。

 

結果、いいお兄さんだった。こちらが伝えた要望は100%叶えてくれた。

下手なぼった繰る店ではなかったので安心した。お兄さんに感謝である。

 

結婚について、かつての上司に尋ねられた。

「なぜか、こいつの押しが弱いからだろう、それはわかっているんだ」と言われたが、その前夜に現在の上司と同僚と焼き鳥を充てに呑み、結婚を踏みとどまっている理由が分かったので、説明することにした。なにぶん、とても心配をかけているかつての上司のひとりである。

何人の上司にわれわれの結婚を心配されていることかと思うと大変申し訳なく思う。

正直なところ、社内恋愛による影響度、特に後輩・同僚たちからの目線と気遣いが私にとっては苦しい、これが理由である。実際に、社内で似たような立場にある人たちを見ていると、あぁはなれないし、成りたくないな、と思うのである。

何か自分が行動すると、「だれだれの奥さんだから後ろで内通しているんだわ」といい、情報が少なくなったり、これまでの態度が結婚によりがらっと変わったりする、これが一番納得できない。

納得できないから結婚しない、そう断言した。

 

これは過去のブログを読んでいて、顕著に現れており、自分の曲げられないものなのだと思う。「納得して自分の責任の上で、実行する」これが、私のポリシーなのである。誰かに言われたからと言って実行しない。納得する必要がある。

 

かつての上司、今の上司たちには申し訳ないが、静かに見守っていてほしい。

そうしたためて、自分の道を改めようと思う。

ヒトマトメ1

Yahoo >>> FC2 が完了

mixi    >>>    FC2   は混雑により失敗。再トライ。

 

引越しから1週間は引越しできないことを確認。

 

「毎度のことながら」という言葉を禁止しよう。

毎度のことながら、というならば、それを解消する。

これが「今の私のオシゴト」だ。

 

Qestion には Answer を。

明日から9:00-18:00の生活が再開。

さて米をといで寝よう。

 

ヒトマトメ

過去開設した、ブログのお引越しをすることにした。

2009年からブログを開設し、思う事々を書き綴ってきた。

 

「書き綴ってきたことを、1つに纏めよう」

思い立った。

 

Yahoo、Amebamixiといろいろなところに私の過去が分散している。

ここで綴る1分1秒が「今」であり、

綴ったものは「軌跡」になり、

「現在」からみた「過去」になる。

 

 

ヒトマトメにして次のステップにつなげよう。

その準備にとりかかることにした。

Remove all ads

ほしいものをほしいままに

欲望のままに

最近テンションがだだ下がり、「外に出てきたひきこもり」と呼ばれるまでに下がり下がっている私です。
「楽しいことないの?」と尋ねられ、「そうだ!ミニスーファミだ!」と叫び、精気が戻ってきたことは先週の金曜日のこと。

生まれて初めてかもしれない、開店前に予約列に並ぶなんて。
土曜日、並んできました。

仲間の「今日休みます」連絡を目覚まし代わりに、出遅れたか!と思いながら、
5分で欠勤連絡を現場確認、5分で準備、出発。
すたたたたっと家電量販店目指して歩いていました。
季節の変わり目ですから、体調崩すとかありますよね。

最近多いなぁと思いながら、そういえば私今年は好調やと思い、浮き沈みってあるよねと思い、思い。

 

ゲットしました、予約枠。っしゃあ!
浮き沈みの激しい自分、また来月まで、わくわく感を忘れず仕事モードを継続させていきます!(持続できるかな...こんな時間にPCに向かっているあたり、少し不安)

ミニスーファミ以外にも

日ごろの溜まり溜まった「何か」が爆発して、3万近く買い物をしてしまい、
連休最終日は部屋でごろごろしていました。何を買ったのやら。

服も靴もあるし、
冷蔵庫のなかにはいろいろあるし、
住みよい生活をしているような気がするし、
何だったか。。。

あぁ、プリンタのインクとかテプラとか。
地味にかかる消耗品をがばっと購入。
あとは、カルピスのバターを見つけたから購入したのか。
トマト缶を2つと。
りんご3つも買ったな...。アップルパイ作るのを忘れていました。

本屋に行ったものの、財布の中のレシートを見て、先延ばし。
あと数週間何とか繋ごう...

映画館をハシゴした

銀魂*実写化!

中学生のときに、コミック第1巻発売

もうそんなに経ったのか!なのに今も続いている漫画「銀魂」!

映画館で映画を見ると、どのくらいの世代の人が見ているかわかるものですが、

銀魂は幅広ーい世代から注目を浴びているように感じました。

 

さて実写化。漫画やアニメを見直したくなるほど精度の高さ、

ハチミツを飛び散らしながら全速力で走り、

近藤さんのお妙さんへUターンしていくあの姿!

腕がピーンと伸びてまっすぐ突っ走っていくあの姿!

思い出すだけで、今でも笑いがこみ上げてきます。

 

来週もう一度、笑いに行こうかな。

銀魂*実写 >>>ラーメン屋のおじさんに注目

どこかで見たことのあるおじさん!

名俳優さんが「ハゲてねぇよ」といいながらラーメン作ってる!

確かにハゲてなかった...驚きました。

 

ノーゲームノーライフゼロ

泣ける。小説6巻を読んで泣いて、映画見て泣いて。

文章読んで想像していたとおりのものと、

アニメ化されて「こういうことか」と納得した部分もあり、

もう一度小説読み返して、もう一度観にいこうと思う作品です。

 

 

 

「期限なんてない」

あなたの「選択」と「年齢」を教えて!

選択:「何かあったら27さんに聞いてみよう!」と思われる人間に変身するために留学

年齢:19才 

「選択」前の自分

「言いたいことがいえない」

いつの間にか「私には関係ない」

「リーダ格がやってくれるだろう」

と私の目の前の「小さな世界」を遠巻きに見るようになった10代の自分

 

どうやったら自分は生きていけるか

という問いに、いくつもの回答を考えても

「いまのままでは就職どころか社会で生きていく汎用性低い、

 考え方と行動を変える必要あり」

 

非現実社会にあるような特殊能力や個性があって、さらに、

この現実社会で生きていけるようにみえる。

現実社会の私には魔法や透視能力や異能等々持ち合わせていない。

 

そんな特殊能力や個性を持ち合わせていなくとも、

彼らは「主体性」をもっている。

これまで学生時代のイベントほとんどを他人任せにして、避けてきた

「18才のじぶん」は「今」変わらなければ、この先、

生きていくのは厳しいぞ?どうする?

...と自分に追い討ちをかけた。これは、滑り止めの大学以外「見事落ちた」

大学1年生、2ヶ月という夏休みの話である。

加えて、「勉強すれば自分の立ち居地は問題ない」という甘い仮定が「見事落ちた」ことで「棄却」され、傷心、酷く投げやりになっていた。

皆アルバイトしているし、コンビニアルバイトをしよう、

と思いつき、面接を受けるも3連発「見送り」を食らった。

  見送り理由:アルバイトの入れる日数が限定的、扱い辛い

 

そりゃそうだ、勉強するなら、そっちに熱中したほうがいいぞ、

と18才の自分にいってやりたい。

 

 ※この後、幸いにも、目の前の地元スーパーのレジに採用され、働くことになる。

  考え激甘な私を雇ってくださった上に、

  新人指導してくださった先輩には今も感謝している。

原因分析と打開策

前置きが長くなったが、アルバイトと学業の両立をようやく始めた夏に、

「滑り止め以外、見事落ちた」理由について考えた。

決定的に欠けていたこと「英語」だった。

加えて戦略的に勉強をしていなかった。勉強したつもりになっていた。

周りにいる「学生」と比べるのではなく、

「自分」との戦いだったことに気がつかなかった。

「自分」が決めたルールで歩んでいると勘違いしていたが、

「自分」は何も決めず、ただ周囲の流れに沿って流れていただけだった。

 

周囲は、それぞれの「目標の大学」に進学。私は滑り止めの大学に拾ってもらえた。

この「事実」が私の「結果」である。

 

ここからは早かった。

「英語」「留学」「TOEFL

「留学を組み込み4年間で卒業するか」

「比較:留学したときとしない場合の”学費”と"成果”の違い」

 

ひとりになった自分は、自分で考え、自分のルートを引けるようになった。

ただ、やはり「ひとり」というのは、ときに困るのである。

 

せっかく大学に来たのである。よくあるドラマにあるような青春ストーリー!

ともだちや知り合いがいると楽しい。今の自分はなんだ!

  • 積極性が足りないのか
  • 誰も寄せ付けないオーラあるのか
  • いかにも真面目ちゃん?で馴染めてないのか

....きっと全部!

そう思い、次週からイメチェンして茶髪に服をみんなに合わせて云々なんて、

ばればれ過ぎて恥ずかしいし。

よし、「久しぶりに会ったら、性格もチェンジしてた☆てへぺろ」設定を想定

…違和感なしっ!

成果

こうして、「留学」にここに書いた以外にも「いろいろな」成果や効果を求め、

19才に「留学」という選択をしました。

さてその成果は、「軌道修正・成功」

英語はTOEFL は米国の大学入学レベル(ぎりぎり)まで伸ばし、

TOEICは800台に。

「人と関わることを仕事にする」

これが目標になり、就職活動するも、

目標が明確ではなく、かなり落ち続け....。

 

今は何しているかというと、

新卒で入社した企業でずーっと働き続けている状況...

人に囲まれ、共に働く現場でシフト勤務。

1年半を経て、またシフト勤務へシフトイン予定。

 

27になり、前回の「選択」からもうすぐ10年目

「原点回帰」の時期と捉えています。

 

Next Step >>>

今からでも遅くない!今は準備期間!さて次は、どこさいこうか。

 

特別お題「『選択』と『年齢』」

Sponsored by SK-II

後半戦

7月1日

1年の後半戦を迎えた。

昇進してから1年経った。

昇格してから半年経った。

あと2ヶ月で、6年目を迎える。

 

前半戦の振り返り

簡潔に書こう。

  • 来るものを拒まず、去るものを見送った
  • 粘り強く資格は合格させた
  • 英語力はそこまで落ちていないが、十分とはいえないことがわかった
  • 27才は、30代後半からすると、まだ何でもチャレンジできる年齢だと知った
  • これまでやってきた技術寄りの仕事から、ガラッと管理系の仕事に変わった
  • 管理系の仕事は増えたが、あくまで「プレイングマネージャ」が求められている
  • 自分が使える時間は、年々増えている
後半戦の展望
  • 年内にもう一段階、上の資格を取る
  • 英語は準1級を取る
  • 自分だけができても、限界があるので、周りを巻き込む
  • 基礎が足りないので応用情報技術者試験を受ける(合格は春目標)
  • 社内認定を一段階、上げる
何ができるか

「調整」 これが5年で積み上げた「礎」である。

「定義」 一人よがりにならず、最善の道を調整していくことである。

 

よりよく仕事をするための前提条件

やりすぎず、適度に休息を取ること

 

以上

 

 

 

Remove all ads