27

ALWAYS the way to go your way

十日市(とおかまち)

大湯祭、十日市

16年前、大宮近辺に住んでいた私は、1度だけ十日市というお祭に連れて行ってもらったことがある。当時身長が140cmくらいだった私にとっては、あれほど混雑したお祭りは人生初めてであった。

 

あめざいく

「はくちょう、ひとつ」

16年前あめざいく職人の方に小さい声でそういった記憶がある。その手つきや、白鳥が形作られていく様をじっと見て、職人の方の知恵や小話を聞いたのも初めてだった。

東京に来て、落ち着いたら必ず行きたいところのひとつが

12/10の十日市であめざいく職人の方にもう一度、はくちょうを頼むことだった。

ようやく昨日叶った。

木に値段と動物名称が書いてあり、 1000 はくちょう と書いてあった。

初回買ってもらったのは10歳、小学4年生の冬だった。

小学4年生が500円、600円、700円、800円、1000円、1500円の値札の中から、

上から2つ目の高額商品を選ぶとは。

NOとは言わない、太っ腹な親をもったことに感謝する。

※今回は彼が買ってくれました。恵まれているなぁ。

https://www.instagram.com/p/BN1Pl43gSQr2thPcVPQlzqi7HljJQhlzhcH-jM0/

はくちょう 16年ぶり十日市(とうかまち)

あめざいくのおじちゃん

「16年前も、いましたか」

これが聞きたかった。

「40年近くやっているよ。お姉さん30歳?何歳?」

30歳に見えるくらい年齢不詳な26歳です。年の割に落ち着いているとよく言われます。

26歳、と答えると、

「そうか、おじさんのほうが若いよ、24歳」

若い!永遠の20代!

応対の早さ、言葉の的確な返しから、若い。

最近若者のほうが「思考ゆっくり」「応答なし」というケースをよく見てがっかりすることが多いためか、「これが本来目指すサービス」を見れて安心した。

 

何もやりたいことが思いつかない日

「何もやりたくない」

1年に数回そんな日は巡ってくる。

 

また休日だったとしても、

「何の為に私は今の仕事をしているんだろう、何がしたいんだろう」

と瞑想することが稀にある。

 

あと今年も残すところ2ヶ月半というところ、

今年の目標だったことはことごとく達成せず、延期となっている。

 

新たな目標が必要である。

その目標を立てる「精神的余裕」「時間的余裕」がない、

誰もが言いそうなその理由で逃げたくなる。

 

逃げたくなるのはよくわかる。

しかし、逃げてもよくないのもわかる。

 

そんなときは振り返る時間を、しんと静まりかえった夜につくることにしている。

たとえば英語留学したときは

何もやりたいことが思いつかず、加えて時間がある大学1年生の頃、「嫌いなこと、苦手意識があることに対し逃げずに立ち向かう=克服する」ことを目標としていた。

理由は簡単、嫌なこと、苦手なことをずっとそのままにしておくと、一生嫌だから、苦手だから逃げてしまうことになるからである。克服することで、また道は拓ける。

 

実際、道は拓けた。

 

たとえば人と話さなくても生きていけると思っていたときは

実際はひとりでいるのは寂しいけれど、関わりがないことで下手なトラブルもなく災いもないため、そのままでよいと思っていたときがあった。ただ、年齢を経ていくことで、もし自分でひとりで生きていくことになったとき、「誰とも関わらない生活」をして生計をたてていくことは、困難だと想定した。

それでは、生きやすい人間とは、どのような種の人間なのだろうか、と思いをめぐらせた。よく声をかけてくれた○○さん、周りの状況を把握して人と楽しそうに会話を弾ませている○○さん、自然と明るくしていく○○さん...こんな人だったらいいな、という人の外見、内面を思い描き、それに近づけようと考えた。

しかし、徐々に変えたりするのは困難、そして何より自分を変えるというのは「自分との勝負」である。葛藤が生まれ、ふと思いついた。

そうだ、外見から留学のタイミングで変えてしまおう。

 

意外と考えることがアクティブだ、と我ながら思う。

イマ ノ モンダイ ハ
  • 英語はだめだ
  • どれかひとつに絞るのが効果的だ

私は生来、人からアドバイスをもらって行動するということをしない性質である。

頑固者なのだ。人を信じる、ということをすることはあるが、自分の行く末は、自分が考え、自分が進めることを堅く決めている。

なので、「26、私は後継者を育てようと思う。君には、その素質はある。学ぶ気があるなら、現場か管理側か選べ」といった誘い文句をかけられても、ピンと来ないのである。現場か管理側か選べ、ねぇ。生きられるほうはどっちだ。

その人がいうことも分かる。どっちつかずで、またつぶれるぞ、という警告である。

かつての私は、他の学生が3ヶ国語目を受講しているのを他所に、プロとしてやっていくならば、完璧に英語をマスターするくらいの勢いで、3ヶ国語目を不意にした。

おかげで、英語でうまく立ち回れた4年間があるが、ここ最近、いろいろな点で疑問難問が出てきており、もはやプロになると思っていたところがどこにいったのやらの状況である。

したがって、現場寄りであることは変わりない。しかし管理側になぜ私は立っているのか。これは、現場で動かせないことが多くあり、管理側でなければ動かないものも多くあるからである。「物事を動かし、業務を先に進める」これが念頭にあり、その為の手段としてダブルワークがある。

これに加えて、各種雑用があり、3名分の役割をやりくりしている状況である。

そりゃ、休日は「何もやりたいことが思いつかな」くもなるわ。

 

  • 日本語・英語はもうそろそろ屈辱を覚えるレベルに達している。

これは今飛び越えなければ、一生泣いていくことになるだろう。

  •  現場か、管理か

年齢を考えるとまだ現場にいたい。ただ、実務としては管理側がおそらく適当か。

仕組みを作ったり、整えたりすることに、(微々たるものであるが)才覚があるらしい。そこでスペシャリストになれるのか、おいおい道を模索する必要がある。

  • 結婚とか幸せとか

きっとまだ先になる。今する気にはなれない。

 

少しは方向性を考えられた。やはり、最優先課題は、「言語」らしい。

また泣きながら勉強しよう。

ガーリックパラダイス

4年分の年賀状、書中見舞い葉書のファイリングをしたところ、「お仕事、大変そうですね。無理をしないように続けてください。」と私を気遣ってくれる葉書がいくつも見つかった。4年前から変わらず心配されているのか、と思い、自分の行動に反省するとともに、今後は少し身の振り方に注意しようと思う。

 

とはいったものの、決して休みの日まで仕事を毎回しているわけではなく、休むときは休んでいるのである。たいてい体力は半日も持たず、3時間ほどでぐったりしてしまうことが多く、体力をつけることが最優先課題である。

 

スタミナ!=ニンニク!=ガーリックパラダイス!

ふと思い立ち、ガーリックパラダイスというイベントに行ってきた。

連日の寒暖の差により、若干風邪気味であったが、お目当てのオムライスも食べることができ、それはそれは、よい日だった。

食事後のブレスケアの試飲会が、一番強烈で、「さっき、にんにくを本当に食べたのか」と疑うほど「にんにくを食べた感」が一切残らなかった。

同行者は、「にんにくのあの後味がいいのに、一切残っていない...」と若干寂しそうではあったが、ブレスケアの効果の強力さは実感できたようである。

 

 

深い青色

この連休、昼寝をすれば夢まで仕事の夢を見るようになった。

ねぎしをご馳走になり、遅いながらも黒執事を読みたいと思いたち、漫画喫茶へ。

休みの日くらい、頭の中から仕事のことを取り除きたい、あるいは、休みの日くらい仕事せずに遊んだり休んだりしてください、と声をかけられてしまうようではまだまだだな、と思う。

 

先月無料トライアルで黒執事のアニメを一通り見たところ、仕事とプライベートのバランスがうまくできた。そこまで熱中できるキャラクター、ストーリー、世界観、すばらしい。ちょうど高校時代に「きゃあーっ!セバスちゃん!サトクリフ!」ときゃっきゃしていた一行のことを思い出した。ちょうど初版は私の高校時代に合致する。

 

来年の映画が楽しみになり、暫くは仕事もプライベートもバランスよく楽しめる日を過ごせるのではないか。甘い考えだろうか。

 

Remove all ads

いかに静かに仕事をするか

夏の終わり、イライラっとすることが多い。

何がイライラの根本原因か考える間もない。

 

仕事で「話しすぎている」「話しているわりに伝わっていない」ことが多くなる。

悪循環だ。

 

困ったときは、図書館へ赴き、330番台の棚をぐるりと歩く。

今回見つけた本は、6冊ある。

  • しゃべらない仕事術
  • 気難しい女性との上手な接し方
  • 本当は結婚したくなのだ症候群
  • アルバイトだけでもまわるチームをつくろう
  • 中小企業の新人教育 新人をできる社員に育てる技術
  • 資格試験<超効率>勉強法

 

高校の頃は日記、大学からブログを開設し、何か困ったことや人に言うと「え?そんなちっぽけなことで悩んでいるの?」と言われそうなことを綴ってきた。

家族といても口数は多いほうではない。

友達は多くはない。そして、つかず離れずな関係でいいと思っている。

 

ただ、このまま社会人として独りで生計を立てていけるのか、と問いかけたとき、「このままでは食べていけない」ことに気がつき、演じ分けをすることにした。

これが転機である。

 

外では自分が思い描く「社会で生きていける人間像」を演じ、ひとつ自分の世界へ戻ると「物静か、何を考えているのかわからない、口数が少ない、意思疎通が図れない人間」になるのである。

 

演じている自分:本来の自分=1:1 であったときは、それほど問題には思っていなかったが、ここ最近、演じている自分が8割占めており、休めていない。幕は上がりっぱなしなのである。

やりすぎだと自分でも思う。ここらでブレーキをかける。

 

結婚にもブレーキがかかっている。その理由が知りたくて、3冊目の本が答えの一例を教えてくれた。

 

2冊目、4、5冊目は、仲間が増え、新人が増え、女性社員も増え、あれこれ悩ましいことが多くなってきた私には必読書である。

 

6冊目は、バウチャーを5月に購入したにも関わらず、まさかもう3ヶ月しか期限がないことにハッとしたことから、支えとしての1冊にする。

 

取り組みたいことは多くある。

集中不足、と自負しているが、「集中しすぎなのでは」という声もある。

集中しすぎだから、周りが見えていないのではないか、という問いかけと捉えている。

 

ひとまずブレーキをかけよう。そしてはじめの1歩を踏み出す。

写真整理、思い出整理

今年になってから、新幹線で何度往復したか、数えた。

あれ、4回?

 

予定では10月に1回戻る予定があり、

それであれば、USJの年パスを買っても行けるわ、という算段が立ち、

いっそのこと大阪で転職活動してもええんちゃうん、という願望も出てきて、

加えて結婚もこの忙しさの中せやんでもいいんちゃう、という気になってきた。

 

入社直後に「さっさと昇格してこっちにこい」という声も後押しして、

目標とし、およそ3年10か月後には予定どおり昇格した。

昇格するまで、USJには足を踏み入れないことを決めて3年10か月、

ようやくインパできた。

 

足を踏み入れたら戻りたくなる、そう思って昇格するまでは足を踏み入れないように決めたが、一歩足を踏み入れたら、戻りたくなる。

昇格したけれど、やはり戻りたくなる。

昇格したら、名残惜しくなって、戻りたい気持ちの歯止めになるかと想定していたが、違った。

やはり戻りたくなることに変わりない。

 

そう思ってしまったら、もう後には戻れまい。身辺整理から始めよう。

変身計画 2016年1回目

6月に入り、梅雨入り。
今提示されている現状評価にげんなり。

働き続ければ働き続けただけその環境に馴染んで、同化していく。
できれば「あかん」と思う人の隣で仕事をすることは避けたい。
なぜならばどんどんあかんものまで吸収してしまうからだ。

良い子、を自然と振舞っていた時期もあったが、良い子として生きていくことで解消できれば良いが、目も当てられない状況が絶えない。
たまには悪者もいても良いだろうとどストレートな必死さを表していたら、「勘違い野郎」レッテルを貼られたらしい。

やらなければ「興味ないからやらない野郎」レッテルを貼られ、やってたら「勘違い野郎」レッテルを貼られ、「その言葉そのままそっくり返すわ」というと想定では「若いな」と返ってくるそうな…確かに私は若い。

外見や他者からの評価を気にし過ぎ、自分を滅ぼすのは本末転倒…やりやすいように生きるならば、過去の厳しい演技者をものにする=それを私にしようと考える。

3週間意識的に過ごすことで、ものにできる。
ふと戻る時のスイッチは何にしようか。

オンオフスイッチもこの際なくし、1キャラクターで生きていくのももうそろそろ良いかもしれない。

こうなりたい、という理想像を構成し、ものにしよう。

いつでも笑顔
明るい
前向き
誰とでも話せる
人間関係の障壁がなくスムーズ
プライベートは秘密
敬語は完璧
礼儀作法完璧
普通の女の子風
いたら元気が出る存在

3週間後、6/26には変身を遂げていることを願い、一旦筆を置くこととする。