27

ALWAYS the way to go your way

ヒトマトメ2

古いログの追加完了。 どうやらブログの形式をはじめたのは、2008年がはじまりのようだ。 つらつらとよく書いている。 2009年頃に書いたブログを見て、「変わらねぇな」と思った。 勤労感謝の日の前の日は、Zeppにライブへ、 その後、仲間の結婚祝の2次会に…

ヒトマトメ1

Yahoo >>> FC2 が完了 mixi >>> FC2 は混雑により失敗。再トライ。 引越しから1週間は引越しできないことを確認。 「毎度のことながら」という言葉を禁止しよう。 毎度のことながら、というならば、それを解消する。 これが「今の私のオシゴト」だ。 Qestion…

ヒトマトメ

過去開設した、ブログのお引越しをすることにした。 2009年からブログを開設し、思う事々を書き綴ってきた。 「書き綴ってきたことを、1つに纏めよう」 思い立った。 Yahoo、Ameba、mixiといろいろなところに私の過去が分散している。 ここで綴る1分1秒が「…

ほしいものをほしいままに

欲望のままに 最近テンションがだだ下がり、「外に出てきたひきこもり」と呼ばれるまでに下がり下がっている私です。「楽しいことないの?」と尋ねられ、「そうだ!ミニスーファミだ!」と叫び、精気が戻ってきたことは先週の金曜日のこと。 生まれて初めて…

映画館をハシゴした

銀魂*実写化! 中学生のときに、コミック第1巻発売 もうそんなに経ったのか!なのに今も続いている漫画「銀魂」! 映画館で映画を見ると、どのくらいの世代の人が見ているかわかるものですが、 銀魂は幅広ーい世代から注目を浴びているように感じました。 …

「期限なんてない」

あなたの「選択」と「年齢」を教えて! 選択:「何かあったら27さんに聞いてみよう!」と思われる人間に変身するために留学 年齢:19才 「選択」前の自分 「言いたいことがいえない」 いつの間にか「私には関係ない」 「リーダ格がやってくれるだろう」 と私…

後半戦

7月1日 1年の後半戦を迎えた。 昇進してから1年経った。 昇格してから半年経った。 あと2ヶ月で、6年目を迎える。 前半戦の振り返り 簡潔に書こう。 来るものを拒まず、去るものを見送った 粘り強く資格は合格させた 英語力はそこまで落ちていないが、十分と…

怠惰な1日*

Netflix 入社してからの4-5年の空白期間を埋めるように、 むさぼるように、アニメを見続けた。 これは記録である。 境界のRINNE (2015-2016) 神様はじめました(2012) 神様はじめました◎(2014) オオカミ少女と黒王子(2016) ノーゲーム・ノーライフ(2014) 東京…

変化

辞めよう。でもなぜ辞めるのだろう。 ずっともやもやしていた。 仕事、それは 単調ではないこと(変化がある) 笑顔があること(ガミガミいいあわない) 人と関われること どこか毎日が単調で、日々怒声が響き、これまで仲間仕事だったのが個人プレーになっ…

凝縮された1日

黒執事のイベントでご飯を食べ、 こんな感じ ソラマチで迷いつつも種村有菜様原画展に辿りつき、悠々自適にぐるりと回り、 丸の内のくるみ割人形のプロジェクションマッピングを見て、 モエシャンパンの200ml ¥1,600を片手にシャンパンゴールドの街を歩き、…

メールの書き方

友だちとやりとりしているのではないのだから という言葉を、人伝てに聞いた。 直接私に申告してこないのは、私を思ってのことか、「言っても聞かないだろう」と思われている為か、どの件、どのメール、直接申告しに来ない理由は不明であるが、そのような声…

十日市(とおかまち)

大湯祭、十日市 16年前、大宮近辺に住んでいた私は、1度だけ十日市というお祭に連れて行ってもらったことがある。当時身長が140cmくらいだった私にとっては、あれほど混雑したお祭りは人生初めてであった。 あめざいく 「はくちょう、ひとつ」 16年前あめざ…

何もやりたいことが思いつかない日

「何もやりたくない」 1年に数回そんな日は巡ってくる。 また休日だったとしても、 「何の為に私は今の仕事をしているんだろう、何がしたいんだろう」 と瞑想することが稀にある。 あと今年も残すところ2ヶ月半というところ、 今年の目標だったことはことご…

ガーリックパラダイス

4年分の年賀状、書中見舞い葉書のファイリングをしたところ、「お仕事、大変そうですね。無理をしないように続けてください。」と私を気遣ってくれる葉書がいくつも見つかった。4年前から変わらず心配されているのか、と思い、自分の行動に反省するとともに…

深い青色

この連休、昼寝をすれば夢まで仕事の夢を見るようになった。 ねぎしをご馳走になり、遅いながらも黒執事を読みたいと思いたち、漫画喫茶へ。 休みの日くらい、頭の中から仕事のことを取り除きたい、あるいは、休みの日くらい仕事せずに遊んだり休んだりして…

いかに静かに仕事をするか

夏の終わり、イライラっとすることが多い。 何がイライラの根本原因か考える間もない。 仕事で「話しすぎている」「話しているわりに伝わっていない」ことが多くなる。 悪循環だ。 困ったときは、図書館へ赴き、330番台の棚をぐるりと歩く。 今回見つけた本…

写真整理、思い出整理

今年になってから、新幹線で何度往復したか、数えた。 あれ、4回? 予定では10月に1回戻る予定があり、 それであれば、USJの年パスを買っても行けるわ、という算段が立ち、 いっそのこと大阪で転職活動してもええんちゃうん、という願望も出てきて、 加えて…

変身計画 2016年1回目

6月に入り、梅雨入り。今提示されている現状評価にげんなり。働き続ければ働き続けただけその環境に馴染んで、同化していく。できれば「あかん」と思う人の隣で仕事をすることは避けたい。なぜならばどんどんあかんものまで吸収してしまうからだ。良い子、を…

4月 第3週 絶不調

4月第3週は絶不調に終わりそうである。平日日勤の業務に切り替わり、1ヶ月経過した。4月1週目最初の土曜日は、慣れ親しんだ11時間拘束のシフトに参戦し、新人の状況を把握すべく、ヒアリング、必要な業務の一部を少し説明した。4月2週目代休を取得し始まった…

3月第1週目

ひとまず第1週目を終え、週末を迎えた。 ここ最近チャイティラテに、ただただはまっており、コンビニでカフェラテを買う変わりに、スタバでチャイティラテ(ソイ)を頼む回数が増えた。現金の出費がかさむ。 人事異動というものに直面し、旧所属部署と新所属…

26

25→26にカウントアップ。 これまでシフト勤務にかこつけて、誕生日は休みを頂いていたが、今回は働いてみることにした。 どんな風の吹き回しか、と思われることもあるかもしれない。 この1年1ヶ月、2勤2休生活を送ってきたが、まぁほんとうに休日に電話が鳴…

ワーカーにとって結婚の障壁

好きか嫌いか半分か。結婚か恋愛か何なのか。タイミングは重要、というのはまさにその通りである。本当は早々に結婚とか考えていたが余りにも大事になり過ぎて、どうでもいいやと思い始めた。このまま結婚?かというと、仕事に少し集中したいというのもある…

ふつーに3年間サラリーマンしていたら

簡潔に記載しておこう。これは2/11からの気づきである。・思ったよりこの3年間の成長はあるらしい→どんなところが:意外と話を聞いてまとめて、提示する流れが身についていた→なぜ:渡された資料を一読した。よく社長が言っていることも書かれていて、社長を…

穏やかな昼時のテレビ

上沼恵美子のおしゃべりクッキングを見ながら、昼ごはんを食べる。 目を閉じると、祖父母と共に過ごした昼時を思い出す。 仕事をしている分には、仕事にひたすら集中することで、笑い続けているという。 休みの日は部屋で一人物思いにふけっている。一日が単…

2016年の抱負 「白黒つけるぜ。」

心の内に秘めた抱負、ステッカー選びで2016年の抱負を決めてみました。 選んだステッカーは、 「白黒つけるぜ。(パンダだけに)」 2015年・その前から 私の周りは、グレーゾーンが多く、それとなくこなすことが多かったのです。 何となくできたこと、それと…

2週間経過

2週間経ち、私に関わるあらゆることが落ち着き始めた。 大きい部分は仕事である。 急な人事異動、引継ぎしようにも引継先なし。 頭数はそろったが機能として「もとへ」の状態になる。 便利なやつが居なくなって困る、と思われていたらラッキーである。 それ…

パレードは空と地上から見よう

あっちゅう間本当にあっ、という間やった。とんぼ帰りというのはこういうことや。来てくれて、安心や。そう言ってもらえている気がした。父と同じ新幹線に偶然乗り合わせたのもきっと必然なのやろう。あとは頼んだぞ。…3年前に約束したとおり、全うしたよ。…

師走は走るほど忙しい

この数週間を振り返ると仕事ばかりしていたように思える。遊んでいない、遊びたりない、もはや仕事をしていなければ不安になる。そんなもはやワーカホリック状態が3ヶ月続いた。実際のところ予兆のようなものは3年間いるといつでもあり、実働が集中したのが…

無限大な夢のあとの

今年はよく映画館に足を運んでいると思う。待ちに待った「デジモンアドベンチャー tri 」あのとき、小学生だった私も、まさかのOLに当時子どもだったであろうオーディエンスは大人に「わぁ!」アグモンの声をきいて、私も感動しました。おかえり、みんな!仕…

系譜

先祖の系譜や話が知りたい。そう言うと、歴史が好きなんやなぁ、と思う人もいるだろう。実際のところ幼いながら「知りたい」と思った理由は、「10年以内に必要になる」と思ったからだ。何か諍いがあると気が澱む。人間はある年齢を超えると、変わることが難…