28

ALWAYS the way to go your way

狐色した紅葉

かなり前のお話。
もう今は真冬なんですが、忙しすぎてUPできなかったお話です。

秋が来た!と喜ぶ時。これはやっぱり紅葉を見ることでしょう(モミジじゃないですよ)
やっと「鹿男あをによし」を読み始めています(読み終えました)
じっくり読もう。(じっくり読みました)

学校の道の両脇の木々は色づいて、先日の木枯らし何号かによって丸坊主・・・とまではいかないけれど枝がさびしくなりました。
そりゃ立冬過ぎたら寒くもなるでしょうよ。
いくら温暖化といっても。
あー、アティチュード。私の態度は面接官にとっては悪かったそうです。
・・・何の話かって?前に書いた英検ですね。・・・残念。

昨日やっぱり思い知らされましたね、高校生の面鏡、やっぱり不十分な理解しかしてないんだなと。
人に影響されやすい性質は私の中の「冷戦」でマシになったと思ってたんだけどなぁ・・・。

“私は「私」を改めて宣言しよう。

誰がなんと言おうと私は私。心の中で複雑なものを蓄えていても100%、限界を超えるまでは何も言っちゃならない。考えさせなきゃ、考えなきゃ。(それは他人のため?自分のため?)

自問自答しようとも何も解決には至らぬ秋風よ。

山のように積まれた枯葉を見ると「焼き芋」を焼きたく、作りたくなるのは私だけだろうか?

Miley の♪「Break Out」を聴きながら。

木枯らし何号のきた秋からの手紙