28

ALWAYS the way to go your way

魔法の世界に終止符を

書くべきことは山ほどありますが、この一週間は眠たさとの戦いになりそうです。
なにって、こちら今がファイナルなんですよ。

5月から8月のはじめまで休みらしく。
そのズレガあったのかっ!と改めて気がつくわけですよ。

あー、精神的にどうなのかって。
もう最近の書くことといったら、ほとんどメンタル部分しか書いてない気がしますね。
だって先々週の出来事がかなりショックだったんだもん。

またか・・・って感じで。

でもかなり世話になってるんですが、こんなこといってすみません。
いやいや、それなりのこと彼女たちも言ってるよ、うん。

今が夜中ってのも承知のとおり。
レポートに追われてたりします。

おっ、スイートメイトが叫んでる...。
でも英語じゃないからわかんないもの。ははは。

一昨日あたりに、親愛なる彼女たちに私の頭角を現してみました。
この性格の激変振りに何かタジタジ感が見れたりします。
今までかわいい妹分が急に偉そうになった...みたいな。
そんなもんですよ、私。どっちかって言うと今はSみたいな。
いいたいこと言えずに、言われっぱなしで、哀れみまで感じてもらいっぱなしだと
なんだか嫌になってきて、ここはもうはっきりさせておこうと
ぺらぺらっと言ってみました。
半分怒りながら。
だって、静かに怒っても絶対気がつかないでしょ?
黙りこけてた自分からいざ変身!!

今日は今日で、行く路を扉で意図的にふさがれたので、
扉を開けないようにしている友人を含めて、扉ごと押し開けてみました。
(状況わかるかな?)
きっと相手にしたら冗談なんだろうけど、そのときかなり機嫌悪くて、
扉と扉に張り付いていた彼女含めを無理矢理、蹴り飛ばしてみました。
『冗談じゃねーよ!!!』とか思いながら。
もう散々こんな目には幾度となく合ってんだよ、私は。
もちろん、彼女以上の力の持ち主にも行く手をふさがれたことがあるので
そんなことで阻まれるような私じゃないわけですよ。ほんとに。

何歳だよ、行く手を阻むって。(彼女、大卒なのにね)

ま、人の心は変わりやすいものと言うけれど
女心ほど変わりやすいものはないとも言うでしょ?
まさに。

ま、ハッピーエンドで終わる物語ほどいいものはないね。

心をまた偽造するか、否か?