27

ALWAYS the way to go your way

22のスタートは波乱の幕開けでしょうか

 

―22のスタートは波乱の幕開けでしょうか。

『すべての行動には意味がある』

 

前職先でアルバイトをしていたとき、

よく店長にそう言われたのを思い出しました。

 

「何のために、その行動をするのか」

それを、そのときはじめて考えたのかもしれません。

そう思うと、感謝してもしきれない。

 

少なくとも、私が学校で学ばなかったこと①だと思います。

高校、大学1年までは、

「よい評価を頂き、何かあった日のために選択肢を広げておく」

というどこかで躓く緩い考え方しかしていませんでした。

 

「何かあった日のために」の何かがいつ訪れるのかさえ、考えないままよい評価を求める。

それが、それまでの塵も積もるほどの失敗の原因と思えば

納得できます。

 

当てもなくかなりのスピードで放浪していた。

そしてガス欠になって、沈んでしまった...これが私の大学1年目でした。

 

今は、おかげで常にあちらこちらに関心を持ち、

分類、優先順位をつけ、時間配分をすることがだいぶできるようになりました。

私生活にまで行きとどかないのは、まだまだです。

要、改善ポイントです。

 

なぜ急にそんなことを思い出したのかというと、

ある種の邂逅【思いがけなく、出会うこと】とも呼べる出来事のためです。

唯一合格した大学の入試のときもそうでしたが、

まるで導かれるかのようなときは、物事がトントン拍子に進みます。

 

そして、トントン拍子に進んだ挙句、

最初は躓き

のちのち這い上がっていく。

 

これは私スタイルでしょうか。

 

鬱蒼とした空気を吹き飛ばすため、

腑抜けた根性をたたきなおすため、

そして新たな物事、エネルギーを感じるために

ひとり旅に参ります。

 

『自信をもって!(英語)』

帰国後2年半を迎えた今でも、その言葉は私を元気にしてくれます。

thank you vvv