27

ALWAYS the way to go your way

それでも、私は彼女たちを心強い友と思っている。

高校のときの話、

とても濃い話を思い出したのです。


派閥、


女子特有と思われるのでしょうか。


そんな言葉で思い出したのは、


私を取り合った元クラスメイト2人、

そもそも私は取り合いになるほどのモノではないはず…


そこに生じた原因は

ことば


関西弁でない子を非国民扱いにする地方ならではの酷な扱い


過去、私もかるーく小学生の頃に味わったことが

今もトラウマであることに変わりありません。


いえば、


人生15-6年をずっと関西で過ごしたAは

転々として標準語で育ったBを受け入れず、


AがA自身と私が同じ境遇と思って

私を自分側に寄せようとしたところ、


実は、

私はBに近い境遇で、ただ関西に馴染みかけていたエセ関西人だった


という顛末。


その収束を図ったところ、

なぜかクラスでは影のかなり濃い私は一匹狼に。


Bの扱いはあまり変わらないが

Aは私から離れ、私を静観するようになりました。


そう、これが自分にとって生きやすい、

息のできる環境の確立できたときでした。



そんなことがあっても、

静観ではなく、見守ってくれた彼女たちへ。


それでも、私は彼女たちを心強い友と思っている。