28

ALWAYS the way to go your way

人生なんて紆余曲折

就職のために上京するねん。

 

殴られたような感覚になった。

 

大学受験途中、あと国公立前期中期後期とあるくらいの時期、旧友はそんなことを玄関先で教えてくれた。

 

高卒で就職。自分は、大学に行って今度こそ、好きなときに好きに勉強できる生活を。と世間一般的な大学キャンパスライフを描いていたが、もう友は就職し世の中に出るという。

 

同じような教育を施され、同じスキルをとかいうて育てられた気がするが

なんだ、現実ってこうなんだ。

と思った18歳。

 

じゃあ大学に行って経済学だけじゃ、人と同じ。

図書館情報学を学んでいても大多数のうちの1人。

 

 

私だからこその大学生活って、大学でやって社会に出れる杖なるものは何か。

 

大学のうちにできることをしよう。

 

苦手なもの、大学受験を苦しませた英語。

 

うまくピースが噛み合い、そうだ。いっそのこと借りてでも日本から離れてみよう。

と19歳になるころには留学の切符を頂く。

 

瞑想の20歳。再び変化を起こした20、21、22歳

旅の21、22歳。

激変の22歳。

 

さて、23歳になった只今、残業からの終電でスタートです

(。・x・)ゞ

さてと、来るものを拒まず、去るものを追わず。

これが私であると、父はいつだったか言うてました。泰然自若とも。

そんな感じで、私は23年目を生きようと思います。

22は23になりましたが、生きたいように行くのはそのままです。

今後とも何卒宜しく。