27

ALWAYS the way to go your way

to 23 from 22

 

 

じゃん!

Thanks lots!

懐かしのエリー。ハッピーバースデー私。

22は23になりました。エリーのメモで、バースデーメッセージを頂き、うきうきな22です。10代を思い出します。あぁ、漫画を読み耽っていた懐かしき日々!

少し元気を分けてもらいました。

今や読書量が漫画・小説・一般書籍合わせても、ほとんど読まないという情けないこと。そう、街の図書館をまだ探検していないのです私。本分を忘れてる←(。-∀-)

 

明日はちょいとおでかけですが、明後日は何も起こらなければ街探検に行きたいです。ふらっと自転車に乗ってサイクリング。もう少しいい気候になったらいいのにな。

 

アカウントは22のままですが、

タイトルは1つ年をとり、23になりました。

おめでとう!22!(*'Д'*)

 

過去を振り返るべく、過去2009年からのブログを検索してみると、1年くらいでころころ引越ししてるようでした。今のところ使い心地はいいので、22も年を取らせようと思います。*1

 

TODAY

WEEKLY

MONTHLY

YEARLY?

 

その間隔で、目標を定め、管理し、

日々精進するように。

そのようなありがたいお言葉を、誕生日祝い代わりに頂戴しました。

まさにそうです。最近の自分は、どうも徒然なるままにです。おいおいでいいや。って気持ちもわかるのですが、そうも言ってられないのがこの世の中です。

わかってるけど。。。は通用しない。

 

外見は何も考えてなくて、ふわっとしてるようで、

しかし、中身は現実的、理論に基づいています。

近づく人もいれば、もちろんそんな私を嫌に思って離れていく人もいます。

 

「来るものを拒まず、去るものを追わず」

それが私だと、自身でも最近思い始めました。

確かにそうだ、と。

 

媚諂う(こびへつらう)とはこういう字を書くんですね。

そのようなことをせず、

お話しを単純に楽しむ。

そういうところが私である。

業務には効率が求められるけれど、対人相手に会話を楽しまず、必要な情報を抽出するための話術で、信頼は得れるのだろうか。私はそうは思わないと、今週思いました。

技術職や専門職に多いのはこのパターンかと見えます。残念なことに自分本位って傾向も。

特にもともと技術や専門を熱望して、それに集中してきた人であれば尚更この傾向が強いかなって。私はどうやら中途半端な立ち位置にいるように思います。(決して集中してきたわけではなく、”人の”話をきき、技術などは後回しの人なので)

 

もしこれが試験であればアウトだろうけれど、実社会ではどうでしょうか。私はそこに勝負を挑みたいです。ただし、技術や専門は中途半端ではいけない。ある程度の完成度がなければ、そもそも技術や専門に集中してきた人に対して、宙ぶらりんはただ主張するだけの人間になってしまうかしら?

 

そうならないためにも、一定のスキルを超える必要があります。

 

漠然としたこと。でも、

今後もう少し詰めて記録していこうと思います。

 

まずは、Happy Birthday to me. Thanks,22

*1:´∀`*

Remove all ads