27

ALWAYS the way to go your way

襟ぐりに輝くもの

頂いたネックレスをたまに身に着ける。

本当は毎日つけたいところだが、遠慮している。

 

自由奔放な私は、ネックレスをつけない日が多い。

入って間もない。その時期は過ぎたかもしれないが、まだ短すぎる。

人の目も気にしている、ということもある。

しかし、そもそも窮屈に感じたら、外すのである。

自由奔放、気が向くままマイペースな人間である。

私に輝くものをくれた彼には申し訳ない気持ちであるが、

心にのんびりが欲しい。余裕が欲しい。

窮屈さを感じて、小物入れに閉まった週もあったのは知らないかもしれないが、

確かだ。

遊びに行こう、というお誘いも「疲れているから休みたい」と断ったのも心が疲れていることが挙げられる。「きぃつかいい」という他人によく気を使う人を指す言葉があるが、自分で言うのも何だが、「きぃつかいい」である。

 

事前予測で自分の許容を越えた場合、簡単に「OUT!!」を示す。

今回お断りしたのも、「ついていけない、話を聴ける余裕がない」が理由である。

 

時間と共に仕事は移り変わっていく。手に取るように見えるものを、見えるひとと「見えない人」がいることは仕方ないことなのかもしれない。私の人生の相談役に相談したことがあったが、「見えんやつにに何をゆうてもあかん。ほっとき。」ついでに「生まれた瞬間に何かしらは決まっている」とのことだ。だから私の生きる道筋はある程度決まっているらしい。あとは、私が選択するだけだと。

 

そんなこと、亡き祖母も言うていたような。

 

飾りじゃないのよ私は。

どこからか、そんな声が聞こえた。まるで私の心の底からの声のようだ。

 

 

きっとそんなつもりではないのだ。悪気はないのだ誰も。