28

ALWAYS the way to go your way

絶望シンドローム

だいぶ寒くなってきた、本日11月末日

夜中にひとりで泣けることもなければ、ずっとひとりでいることもなく、どこかで見守られている日々が続いていた。

一番嫌いなものは「束縛(そくばく)」である。

ひとりの時間が欲しい、ひとりにしてくれ。

 

そのように思うほど、私は疲れているのだろう。

 

祖母にさようならを告げ、3週間

 

変わりない日常、電話を取る日、自身の役割を越えているであろう交渉、

仕事はできるひとがすればいい、

そう誰かからから聞いたことを思い出した。

風邪ひいてもうた、祖母ちゃん。

どっちの祖母ちゃんや、って声が聞こえてきそうやけれど、どっちもやと応えよう。

 

夢を見た

 

母に怒られる夢

出て行き、と怒られる夢

そうやね、出ていくわ、と静かに実家で荷造りをする夢

現実は、もう実家を出て1年経つ。

就職、上京、というよくある話で、そんな怒られて実家を飛び出した訳ではない。

何を意味するのだろうか。

 

昨日、母と電話して、父と話した。

何も話さない日々、心を決めたときに、話す日々

 

そうか、ひとりなんだ。昔のように周りを拒絶しようとも思った。

そっちのほうが、安心だろう。

誰も周りにいないほうが、きっと両親は安心なのだろう。

ちょうど、体も心も疲れている。騒ぐのももう、いい。

誰も周りにいなくていい。

ひとりでくるくるダンスを踊ろう、最高の冬

 

頭が痛くて、昨日の朝は寝込み、病院へ行った

 

冬は憂鬱である。

眠ると、変な夢をみた。

もうその記憶がどこかへ消え去ってしまった。

何だったのだろう。

f:id:twentytwenty:20131217075755j:plain

 

最近はスープを作ることにしている。

自分のしたいことそっちのけの生活に終止符を打つ。

これが年末、それが私の目標である。