27

ALWAYS the way to go your way

己の畏れとは何ぞやと


昔から畏れていることを思い出した。

  • みなに置いていかれること
  • 先に逝かれること
  • 1人残されること
  • ひとりぼっちと感じること

いってらっしゃい、といって戻ってこないことが途轍もなく悲しい。

今まさにその過渡期にいる訳だ。
幼少の頃から、夢に現れては消え、枕を濡らしたあの夜が、
目の前にリアルタイムに繰り広げられている。


子どもの時は、子どものふりができた。
大人になり、周りも大人になった。
世間の波にも多少揉まれている。

それでも私は若造なのだ。
若造のふりをしたほうがよいのか。私はそうは思わない。
大人になった、皆と変わらない大人に。
ただ人様のプライドはあまり傷つけないことが勧められる。


置いていかないで、待って


そんな声が聞こえ、光に手を伸ばそうとする手は幼い。
いつの頃の私だろうか。
この年齢まで生かしてもらい、あまりひとりぼっちという記憶はない。


どこでその記憶か夢は生成されたのだろうか。
もしかするとさみしい記憶やマイナスの思いは2009年に消し去ったのかもしれない。


断片だけ残っているこの映像にさようならを告げたいものだが、しばらくは残るだろう。
現在私は渦中にある。