27

ALWAYS the way to go your way

いつも、とはいつか不変ではなく変わりうるもの

いつも。

毎日同じ日々、同じ時間、似たような仕事、一定の生活、それを安定というのでしょうかscheduledというのでしょうか。

 

今月はお休みをいただき、いつも、とは違う1日を8日間も過ごしました。

しかし8日間のうち数日は、過去、いつも、と言えていた日を思い起こす日でした。

それを、懐かしい、というのでしょう。

 

今はもう閉まっている、あめやさんを通り過ぎて、

夏の暑い日に、祖母ちゃんに飲ましてもらったことをふと思い出しました。

 

そんな祖母ちゃんへ桃を土産とお供えし、暑いのでさっと下し、

祖父ちゃんと食べました。おいしい桃。

 

ニュースで、桃は認知症予防にもなることを今知りました。

へぇ。

 

桃といえば、大学。

久々に大学へ訪れたり、大学時代にお世話になった方にお会いしたり、お話したり。

しかし、通り過ぎてももう同窓生はいるはずもなく、少し寂しさを感じました。

皆無事に卒業したから、すれ違うこともないのですが、学校は時が止まっていて、自分の時間は進んでいるのだと思いました。

 

カクテル、そば、カナディアンカフェ

密な時間を過ごした2日間のおかげで、体はかなりきつかったようです。

 

毎年恒例、墓参りからの祇園祭、やけんぼり

いつか自分がこの行事を引き継げるように、精一杯働こうと思うのと、

周りは徐々に結婚、結婚、結婚となっていく日常に、ははぁ・゚・(*ノДノ)・゚・となるのはこの年齢ならではでしょう。

 

22のときに聞いていたときは26と聞いていたのに、2年早いぞ!ヾ(´・∀・)ノ

考え方が変わってきたのかしら。

 

私も、とは思わず、私は、でぼちぼち考えようと思います。

(待ってくれるかしら(´・ω・`))

 

要領が悪いのか、プライベートは亀の歩みでございます。

生きれたらいいや、からもう一歩踏み出す必要はあるのでしょうか。

 

もうすぐお仕事は3年目スタート、

各所タイムリミットが迫ってきております。