27

ALWAYS the way to go your way

1日目の前夜は眠れない

よく眠れる日もあるが、たいていシフト1日目の前夜は眠れない。

 

その日に昼前まで眠っているから、そうなっている、というのは否めん。

 

今日もまた、1:30を過ぎ、あの英国風カフェにこの土日も行けなかったな、

地下のパン屋さんにパンを買いに行きたかったな、

という残念な気持ちと、

そういえば財布の中身が空っぽだった、という現実に打ちのめされた。

部屋にある小麦粉で何か作ろう、と思い立ち、

昨日シュー皮を焼き、今日クッキーを焼き、

カスタードクリームとバタークリームを作り、

お好み焼きを焼いた。

 

誕生日に頂いたミルクフォーマでカプチーノを作った矢先、

熱い鉄板に手が当たり、カプチーノを床にぶちまけ、

カップは幸いにも割れず。

 

本を3冊買いこんで、将来はどうしようかと考える。

衣・食・住

お金

情報

これまでの夢をこれからの夢へどうつなげるか

 

夕方に眠たくなって眠ったところ、

もうないかもしれない家族で閉まりかけのテーマパークで、

買い物をしている夢を見た。

何故か私は弟に対し腹を立てていた。

いつもふらっといなくなる。

そして探しに行くと戻っている。

それが幼き日の弟である。今では立場が逆だ。

 

きっと小さいころの出来事が夢になって表れたんだろう。

 

夢だ、と気が付いたのは、

慣れ親しんだキャラクターのグッズが陳列しており、

ありそうで、ない商品が並び、陳列する種類が明らかに少ないこと、

知っているテーマパークなのに、閉店している店舗の外観が

知っているよりも規模が大きく、かけ離れているためだ。

 

何かがおかしい。

 

夢の内容もそうだが、そんな夢をみるのも未練があるからだろうか。

今私が進もうとしている道は、その見た夢の業界とはかけ離れており、

その業界へ戻ろうというには脇道にそれているのかもしれない。

 

就職が決まった時も、かけ離れた業界、であることはわかっていた。

ただそこで成し遂げて、次に進みたいことがあったから、

この道を選択したことは覚えている。

 

眠れない夜は、湯を沸かして金柑湯を呑みつつ、読書に更けようと思う。