27

ALWAYS the way to go your way

失踪ゲーム

岩盤浴に行って新陳代謝がよくなったのか、汗をだらだら流しています。

いつも通り勤務前日は眠れないです。

困りました。

 

岩盤浴中に、幼少時代の記憶が蘇ってきました。

両親と弟がお買いもの、私だけ祖父母の家でお留守番、

お迎えを心待ちにしていたのに、

弟は当時はやりのおもちゃを下げて帰ってきました。

その名もウルトラマンのダイブハンガー、いわゆる基地のプラモデルです。

 

あれ、私って取り残されていたのだろうか、

父も母も、私のこと嫌になったのかな。

きっと弟のほうがいいんじゃないかな。

と心は沈み、靴を履いてとぼとぼと近くの公園まで歩いていきました。

目には涙、ぽろぽろと流れていて、なんでだろう、と頭の中で繰り返していました。

 

私がここで道を踏み外すこともなく、失踪することもなく、

今も平凡に過ごせているのは、

後ろから叔母が追いかけてきてくれたからでした。

気の休まるまでお話を聞いてくれました。

「一緒にいたのに、楽しなかったんか」

そう聞かれて、はっ、となりました。

そうだ、楽しかった。けれども、弟だけ新品のおもちゃを買ってもらえたことに対し、羨ましかっただけだ。

叔母や祖父母といてて楽しい一日だった。

他人の気持ちを考えていない、これはいけない。

 

そう気が付いても涙は一向に止まりませんでした。

むしろ更に泣き続けました。

 

なぜそんなことを思い出したのでしょうか。

最近の日常から思い出したのだと思われます。

 

Remove all ads