27

ALWAYS the way to go your way

このままではいかん!*人間関係編*

こういう慌ただし生活のなかで、健康面のお話もでてくると、

つい人間関係も支障をきたしやすくなります。

忙しくなると見境なくなるの、いけませんね。

 

健康面で解消していくことと、

仕事として、何が不満か、どう解消していくか、

明確に分けることは大事なことだと思います。

 

※何か複数名で電話を取っている光景をイメージしてください。

最近の不満な点は、

  • 人一人にできることは限りがある、
  • 当の本人は受付られなかったのに、そしらぬ顔でフォローしようとするのか。
  • 受付けた人の周りに集まってくるのか、
  • なぜ囲む、手がふさがっているから受付られなかったんじゃないの?
  • ありがとうございます、というなら受付てほしい。(取りたくないのか)
  • 個々にもっている仕事があるのは理解している為、強く言えない。

 

頼られることはいいことであるが、これはどうだろう。

帰られない日は、たいてい何かある。

後ろめたさがあるありがとう、を聞きたくないと思うのは、

悪いことだろうか。

 

誰かより何か一つできることはいいこと、

ただし負荷分散装置の役割を果たす人は必ず必要である。

その人は現れないので、できる限り自分で分散、解消していく、

ここが業務分掌、分岐点であるということを刷り込ませていく.....

 

そこでふと思う。

これって一般社員がやることなのだろうか、と。

自分を見て同じような動きをする人が増えたとして、

自分と同じ状況、よい部分はいいが悪い部分まで渡ってしまうのは、

よろしくない。

 

今ここで踏みとどまって、きれいにしてしまうのが賢明な処置だろうか。

はてさて、後先考えずに突っ走れるのも、もうそろそろ終わりにしよう。

体の立て直しが必要だと思う。