27

ALWAYS the way to go your way

何になりたいのだろうか。

主語をつけよう。
私は何になりたいのだろうか。

真似をして生きてきた。
こうなりたい、を決めて生きてきた。
完璧は目指さなかった。
あくまで私だから。なりたい私を演じている。

傍観している人生は嫌だと小学5年生で思った。
なんで口に出さないんだろう、積極的な友達がうらやましくなった小学4年生、
ガラッと教育方法が変わった小学3年生、私は手を挙げることをやめた。

聞きなさい、やりなさい、ここはこうでしょ、
その指導法についていけなくなって、傍観者に成り下がった。

受身人生が始まったのが小学3年生だったとして、
私に転機が訪れたのは、留学であるのは間違いない。
高校受験、大学受験、後悔がないといえば、嘘だ。
後悔ばかり、受験には後悔は残る。

ただ、その後の高校生活、大学生活に一切の悔いはない。
 
吸い込まれるように、学生生活を謳歌した。
友達もできた。
就職活動、後悔はない。
今まさに働けている。新卒が3年続かないというなか、
私はあと数ヶ月でその3年を超える。
苦い経験がないかといえば、今が一番苦いところかもしれない。
若い、本来組織のなかでは若手のはずなのに、中抜けが顕著なため、
若手さえも部署に3年いれば古い扱いになる。
それは果たして、若者に耐えられるか、といえば、人によるだろう。
耐える、というのは言い方が悪いかもしれないが、
それをいとも簡単に熟す人もいる。
本来の組織では近くにいるはずのない、
本物の熟練者が今は近くにいる。

私は無理、というのは簡単だ。
ただそこでゲームオーバーなのはわかる。
そこで自分の限界を定めないでほしい、誰かも言っていた。
そこで自分の役割を決めてしまっては、先がない。

さて、そこで問題である。
昔から、なりたい人を模倣してきた私である。
やれることは目の前に山積している。
かの熟練者と自分との差分の洗い出しはいつもしている。
さすがに年齢は越えられないが、できることを超速でやる。

これで、私は何になるのだろうか。狐狸の類ではなく、化物だろうか。