29

ALWAYS the way to go your way

5月病

私は、まんまと5月病にかかっているのかもしれない。

I might be "The May blues".

毎年そうだったかというと、そうではない気がする。

I feel like I have had "The May blues" every year. 

 

去年と今年の違いを考察してみよう。

Let's consider the difference work-load between last year and this year.

  1. 人の入れ替わり(ブラックボックス化していた人がついに他部署へ異動)
    Personnel changes (A man whose works is like a black box is moved to another department. )
  2. ブラックボックス化していたグループのメンバーの退職
    Retirement of some menbers belonging to his team.
  3. ライフイベントの発生による離職
    Retirement for life event and her works was also like a black box. No one knows her works. 

通常業務に加えて、これらのイベントの影響が大きいと考察している。

I am considering those events are huge impact includes normal works.

加えて、「英語が書けない」「話せない」「表現できない」を都度指摘されることが、精神的負担になりはじめている。

I have a point out everything I wrote like "your writing is terrible", "your communication is not communication", " Unclear expression". It makes me be a mental burden.

 

「他人と比較したらあかんで、かいちょー」

"Don't compare with another." 

その言葉を思い出して、東京で頑張ってきたが、

I remember those words every time and try to do my best in Tokyo. 

 

"Your English skills are the worst in our team even if you are a leader in our company."

I feel it is stupid I work here as a leader.

However, my English skill level he said is a fact of me. 

 

「あなたは会社の中ではリーダだが、チームの中で、一番英語が弱い」

とまで言われてしまうと、

「自分がやりたいこと」を半ば後回しにして、ひたすら仕事をし、

「チームの方向性」「生き残り」をかけて、

「組織」の情報収集屋として

「リーダー」の立ち位置に上り、

立ち回ってきた自分が阿呆らしくなってきた。

 

ただ、

「あなたは会社の中ではリーダだが、チームの中で、一番英語が弱い」

という事実は変わらない。

 

人には1日24時間ある。

笑うも泣くも、自分次第である。

誰かの評価や社会的評価のためにリーダになったわけではない。

キーパーソンがいて、その人に仕事が偏っており、

このままでは、働く場所さえ危うくなる、と思ったからリーダになった。

 

元来、やりたいことに熱中するのは私の習性である。

複数のことを持ち、対応することができているように見えるかもしれないが、

スタック量と短期記憶・忘却が少し早いだけだと思う。

1つこなしていろいろホールド、タイミングを見て動かす。

接客業経験のたまものかもしれない。

 

 

ちょうど2015年の7月頃、新大阪駅で買い、東京に着くまでに読み終えた本がある。

さすがにここまで酷くはない。会社はホワイトに近いグレーだ。

部署としても、限りなくホワイトに近づいているが、それは人による。

 

心身共に衰弱する状況になった私の例:

日曜:休日出勤 12時間労働→特に問題ない

月曜:通常出勤  8時間労働→特に問題ない。就業時間終了間際にトラブル発生、残業。

火曜:振替休日返上、午前休。朝、別件障害発生。

   朝ごはん中に障害コールあり。そのまま障害対応へ駆けつけ。

   月曜のトラブル対応、進行しはじめる→特に問題ない

   昼過ぎ3つ目の障害対応発生。上司にフォロー依頼。

 

複数の仕事をホールドしながら、

障害対応をしていたときに書いた英文に対して、

It does not make a sence. と立て続けにチャットが飛んできた。

「何度言ってもひどい英語」と残念な顔をされる日々。

少しは他の仕事もしてよ、と言いたくなるが

「それは〇〇さんが頑張っているよ」と言われる状況。

まるで「それは私の仕事ではありません」と言われているような気分だ。

 

目の前には、まったくネットワーク接続できないお客様のPCと、

マウントされたネットワーク機器たち

 

凍えるほど寒いのサーバルームの中で、

私の英語が悪いのはわかったが、今はそこの解決ではなく、

お客様の仕事環境を治すのが先決。

「自分が英語を書くたびに、

そのメールを送られた人に迷惑をかけていることを自覚しろ」

とも言われた。確かに人の時間を奪っている。

 

ただ、仕事をしたいだけなのに。

いい仲間に恵まれ、いいお客様に恵まれ、

なのに、私が英語がひどいために言われる言葉に耐え切れず、

私は今、仕事をやめたくなっている。

 

時間的に余裕のない今の仕事を続けて、

現状を打開できるだろうか。

 

honto.jp

 

この時も、そういえば同じくらい苦しかった。

 

honto.jp