29

ALWAYS the way to go your way

恋は儚きものなれど。

涙など流れないさ。


恋などできないもの、私には。
それにそれどころじゃないだろうよ、私。


誰かのおかげで吹っ切れた…元の私に戻るよ。



風邪ひいて熱でて、ちょっと気持ちがふらふらして

…でもわかってるよ。私には無理だ、まっしぐらになって何も手につけられなくなるもの。

だから友達だよ。

君は友達だ。昨日あたりに彼女もできたし、これで安心して「友達」としていられる。

よかった、本当に。

もう決めてたじゃないか、中学生のときに。
…恋なんてできないって。一番いいのは友達のままだって。
友達以上は求めちゃいけないんだ。

自分が壊れるから。
精神的に、何もかもまっしぐら、それだけしか思えなくなってしまうから。
だからだめだよ、恋なんてしたら。

ベストポジションは『友達』。
そう決めたのはもう何年も前のこと。覚えてる?私?

何度か山にあたりかけたけど、乗り越えてきたじゃないか?
今回もうまく避けたんだって。
友達のほうが話せるもの。私が。

さ、魔法のかかった時間はおしまいだ。
哀しみにくれてる暇なんて私にはないだろう?

いくつもの物語を読んできて、こんなおしまいもあっただろう?
それにこれは現実だ。魔法の世界でもなんでもない。

加えて私は見えない鎖に繋がれてる、if i come back.
どうしようもないよ。そう思ってるのは私だけだろうけど。

私は中学生のあのときから
いくつも嘘を自分についている。これは真実さ。