29

ALWAYS the way to go your way

自由を壊せ、鎖を解け。

もう、こんな時期になりましたか。
昨日、一昨日と20分アパートの周りをジョギングしたんですが、
蛍が見えました。

ちらほらと。
やっぱり自然がいっぱいなんだな。いいなー。

暗くなってきても、蛍の灯りで道が照らされますね。


もう、7月ですか。
早いですね。
嫌になりますね、時が経つのがこうも早いと。

我が家では、自由という名の見えない鎖が張り巡らされていて、
その鎖が見えるようになってから、帰るのが嫌になりました。

説明してみろ、と言われると、
これもまた困るんですが。

なんですかね、
いうなれば「気の使いあい」が多すぎるという点でしょうか。

一人でいたら、自分で考えて行動することができるけど、
家に帰ると、自分のスケジュールがすべて家にコントロールされてしまいますね。
「次何する?」「何時に寝る?」「明日何する?」「何時に起きる?」等々。

―これは「自由」ですか?

そんな日々がまた戻ってくるのが、嫌です。
好きなときに勉強して、好きなときに外に出て。

そんな4ヶ月を過ごして、来る前の一年は振り回されてた...というと受身になるから、
やっぱり自分が欠けていたんだな、
『意思』が弱かったんだと。

例え叔母に『美容院行かない?』って誘われたとしても
切りたくなければ、行かなければいい。・・・縁など気にせずに。

2日続けて「昼ごはん食べに行こう」と両親から誘われても
2日も外食が続くのが嫌なら、行かなければいい。・・・例え今までの保っていた調和が崩れようとも。

「どこにいくの?今から○○まで行くけど行く?」と言われても、
自分の行きたい所があるなら、先に行きたい所へ行こう。・・・時間は決して戻らないのだから。

そんなことを考えながら、帰国したら
また忘れて、元に戻って、「あのときはよかった」みたいな夢物語を
思い描き続けてしまうかもしれない。
―悪い癖だ。

今は今。
過去は過去。

足跡はつけることはできても消せないし、
過去に戻れるわけでもない。

「一期一会さ」
―どこかで習っただろう?

私は私自身に言い聞かせる。
忘れないように、書き残す。

行動するんだ、自分の思うままに。
たとえ壊すべきものがが『自由』という名のやさしい『鎖』だったとしても。