29

ALWAYS the way to go your way

笑い話も夢のひとつ。

彼らは二度と忘れないといった。
本当だろうか?

私はここで数少ない最高に笑える笑い話を作ったようだ。

それにしても楽しかった。
久しぶりにRionと話した気がした。
皆と。
Dustinとも。

うん。
でも、もうそんな夢のようなこともできなくなるのが哀しい。

きっと日本じゃ英語で笑ったりできない。

話せて努力を忘れるような人にはなりたくない。
一部彼と彼女、2人のように。

姉さんは、何かしら察してくれたようだ。
少し嬉しい。

夢が終わるのが怖い。
どうせなら終わらせたくない。
でも終わるのは必然。
仕方のないことさ。

二度と会えなくなることも寂しい。

自棄であんなに水を飲んだわけじゃないんだ。
この夢にさよならを告げるために。
少しでも彼らの、カレの記憶に楽しい思い出が残ればいいと。

そう願って、最後の別れを告げた。

サヨナラ