29

ALWAYS the way to go your way

寒い日々 夏空を思い出す夢

最近、思い出がありません。

なぜでしょう。

記憶がないです。
記録もないです。

私の意味って?
何のために学校に行ってるの?

トモダチって?


きっと数ヵ月後、私はひとりぼっち。
誰もいない日々がまた始まるでしょう。

そして、何を生きがいに生きていくのかしら。


何が目的なのかしら?

お金?

私にはもはや夢なんて存在しないでしょう。
自分に失望します。

breaking free
音楽を聴きながら、きっと私の学生時代は
明かりの灯らない道を進んで終わるのでしょう。

将来。


未来。

友人のひとりも考え始めました。

私は何を?

夢のかけらなど、もともと掌にはなかったのかもしれない。

球根は今は存在しないのかもしれない。



花は、季節が春になっても咲かないでしょう。
遅咲きでしょう。
いつまでも咲かないでしょう。

憂鬱な日々はいつになっても終わることはないでしょう?

あの夏空はきっと一生見られないでしょう?

きみと一緒には。


もう過ぎたこと。

私の幸せはどこ?