29

ALWAYS the way to go your way

歌えーや踊れーや、よいよいよい

心の中がすっぽり、空虚な日々

心配から強制送還が目に浮かんだ。まさか。

 

それだけはありえない。

しかし、非常に危ない状態であるのは確かだ。

やる気がでない?

 

あぁ、顔もそれどころじゃなくなっているようだ。

現実逃避、逃げる場所は夢の中か、自分の中か。

 

 

ありのままの自分を現すのは何とも難しいものだ。

飛び込んで来い、という先は地獄かはたまた、天国か。

見極めなど私、若人にはとても難しい。

優しさに弱いのも困ったものよ。

落ち着かないのは幸せなどないと思っているからか。

幸せとはなにか、やりたいことはなにか。

全てを忘れてしまう。

忘却する。

 

私はどこへ向かおうか。

背中に何が乗っているのか。

うしろを振り向けば仕事か。

プライベートと仕事を別にするのはまず難しい。

 

何の話をしていたのか、忘れてしまったが、

話の内容に関して父からこんな同意を得られた。

「そういうやつは、現実を見ていないんだ」

 

そうだ、こんな話だ。

私は、仕事に年齢は関係ないだろうと言った。

しかし、同期は年齢と入社歴に比例して、まだ自分はその段階の仕事をできる年数いないから(できない)と言葉を濁した上に、まだ入ってそこそこでそんなレベルのことはできないという。

そういう輩はどうなんだろう、と相談していたのだった。

 

そして私は、もうそういうやつを相手にしないのが一番か、と思ったのだった。

 

昔々、父に言われたことだが、私は人との付き合いはシビアらしい。

 

「阿呆は相手にしないんだろう」

やっかいごとは御免だ。中学時代の自分か。

母はやんちゃ坊主となんで仲良くしないのか、とよく言ったが、「阿呆と子どもは相手にしないのだろう」と父は見たそうだ。

 

大人ぶった子どもだった。

 

そのまま、規則、教育の規則通りに育ったが為に、

社会でたまに「えぇ」と言いたくなる大人にたまに会う。

大人、といえども、私と同年代だが。

 

よっぽど小中学でやんちゃだった坊主と再会したほうが、うまい酒が酌み交わせると自負する。規則通り、規定通り、言われるまでそのまま、そんなの私にとっては、つまらないのだ。

 

そして、そういう私もろくなことをしない。

しらーっとするのだ。

白々しい。

 

そして、私はまるでRPGのように社会を歩いているようだ。

幸せとはなにか。

何をしたいのか。

 

他人と渡りあうとは、なんと難しいことか。

そう夜に思うのである。