29

ALWAYS the way to go your way

長らく忘れていた記録をつけようかと思い

ジブリが近い場所にいるのに、まだ近くに住んでから訪れていないのは、残念なことである。

ふとテレビを見ながら思う。

そういえば、風立ちぬを観に行っていないなぁ。観に行きたいなぁ。

そう思い始めたあたり、精神的に回復し始めているようだ。

「欲」がようやく戻ってきた。

 

 癒しを求めて、8月はPoohギャラリー(期間限定)へ訪れ、盆休みのない会社員ではあるが、世間は盆休みの時に、ディズニーシーへ訪れた。

その間、

  • 気の浮き沈みが激しい
  • 体調不良(微熱、立ち上がれない)
  • 他者への思いやりに欠ける
  • 自分らしくない状態に苛立つ

特に、最後の2点に関しては、数年前に切り捨てたはずのものである。

なぜ、そのような状態が再度目の前に現れたのか。

 

表舞台に身を置き、いつも他人から視線を浴びる存在、

私も貴女のようになりたい!

と言ってもらえる存在になりたい。

 

貴女のようには私はなれないわ、ということはその言葉の裏返しと取る。

都合のよい考え方をしたり、ポジティブに考えている自分が理想であり、1年前の自分である。

 

私は今日から2年目である。

どうだろうか。何か変わったろうか。マイナスへ変わったのであれば、それは改めよう。

 

よく頑張りすぎだと、よく言われる。

ここに来る前はもっと頑張ってたよ、と言い返そう。

つまり、まだ頑張れる。

新しい靴を履き慣らそうか。秋らしい私。

http://instagram.com/p/dfpSRTjO5P/
秋色 バークレー(✿´  ` )

 

変えない私、変わらない私、

顔は苦しそうですか。苦しいなら、ゆっくり寝ましょう。

何か不安なことはありますか。他人に言えないならば、書けばいい。

18歳の私は、全てを書くことで思いを凝縮させた。

 

23歳の私も、苦しいときだからこそ、書こう。

『他人に流されず、来るものを阻まず、去る者を追わず』

 

他人は若いのに、偉いという。

そういうときは、ありがとうと伝えよう。

 

褒めてくれてありがとう。

 

悔しい気持ちがあろう。その根源を変えよう。

もし、苦しいならば、根源を変えよう。

 

そんな、「変えよう」と言って早々できるはずがない。

変えよう、そう心に秘め、時期を図る。

それまでに自分でできることを順々に準備してゆく…その日が来るまで。

 

さぁさぁ、準備をしよう。

本棚を。

そして、化粧机を変えよう。

 

こたつ、食べる机、あぁ、そうだ。

生活を変えよう。