29

ALWAYS the way to go your way

容赦ないという

「容赦ないね」

そういわれているらしい。あまり自覚はしていなかったが、
もともとゼロかイチか、白か黒かつけるほうがどちらかといえば多い。

 

管理職、と呼ばれる仕事に就いてちょうど3年から4年を過ごし、
現場と役職者との中間管理職として生きてきた。
立場、として「29」としての個人的な主義・思想はもちろん見えないように、
中間管理職という役割を演じ続けたが、それもあとのこすところ1か月足らず。

 

中間管理職の役割を演じる前は、数々の「課題・改善」という名の
打ち上げ花火を問答無用で上げ続ける「29」というオペレータだった。

中間管理職の役割として、「打ち上げ花火」を挙げることになろうとは。
それも、今回は「人間関係事案」だ。

 

4月に私はとんでもない判断ミスをしてしまった。
簡単にいうと、泣き崩れて「明日から会社に来ない」という同僚の要望を、
上司とともに100%聞いてしまったのだ。

それが非常に今問題の核となって華開いてしまっている。
当人たちは気にせず、当たり前のようにわがままを通し続けており、
図に乗り始めている。
周囲のモチベーションをひどく落とし、
チームワークの欠如を引き起こしたあげく、
仲間外れつくる行為をを「本人たちは全く自覚なく」行っている。


引き金は、私の手で引くことになった。
きっかけを作ってしまった身である。幕引き役をするのは必然である。

終幕を迎えるにあたり、
ふと単なるオペレータ「29」の思考に戻すことにした。

もし私がオペレータであれば、どうするか。
楽しく「課題・改善」という打ち上げ花火を打ち上げるにちがいない。
4月から積み上げた苦渋にはふさわしい結末を迎えさせてあげようと、
少しサプライズがあったほうが「自覚のない本人たち」にとっても
わくわくどきどきがあって楽しいだろうと、非常に悪い笑みを浮かべながら、
行動を起こそうと。

「自覚のない本人たち」はもうすっかり中間管理職前の私が、
どれほどの正統派・隠れ問題児だったかを忘れているらしい。
本人の承服など求めておらず、去るか残るかの選択肢を渡したに過ぎず、
これも理解されず。転げ落ちるときは勝手に奈落まで転げ落ちていくとは、
こんなときに見れるものなのだなと遠目にみる。
芋づる式に「リーダ格」も転げ落ちていくことを期待している自分がいる。


暴れるときは「楽しく、潔く」そして周りからは
「容赦なく」みえる楽しいパーティをするのがモットー

わがままをいう相手を誤ったのがすべてのはじまりだね、
同情なんてするんじゃなかった、
だから今から好き勝手してくれた分、思い切って一掃するよ

と久しぶりに悪い笑みを浮かべてみようかと思う。

 

産後の私に伝えたいことが一つある。

今回の仕事を終えたとして、
気を許してまた同じ職場で今回の「主犯」と「その一派」と
働こうとは思わぬこと。搾取され、いいように使われ、
2次災害がまた発生する。
あれもこれもできないから「お願いする」人、
「学ぶことをしない」残念な人とはおさらばすることだ。

「主犯」に対する他者の評価がどうあれ、必ず同じことが起きる。
わがままをいうのは産後だろうと母になろうと変わらない。

これは私自身も言えることだ、二度と同情はしてはならない。
これは他の信頼する仲間に非常に迷惑をかけて得た、「教訓」である。

 

-End-